捨てられた仔猫ちゃんのその後

| EDIT



先日、20数年ぶりに高校の同窓会があった(今まで殆どしてなかったのよ)
この話があったとき、母ちゃんは担任の先生が誰だったか
思い出せずにいた
幹事の名前も顔も、かなり曖昧な記憶だった
卒業アルバムでしっかり予習し、(誰に会ってもすぐに名前と顔が思い出せるよう)
体重をちょびっとだけ落とし今回の同窓会に挑んだ

みんなただの酒飲みの中年と化していただけだった・・・
面白かった






さて、先日ここのブログで書いた捨て猫ちゃん
かわいい写真が撮れました

心配して下さっている方もいらっしゃっるので
その後どうなったか分かる範囲でのご報告を・・・
子猫ちゃん


4匹いた仔猫ちゃん
2匹はもらい手が見つかり既に貰われて行ったようです
良かった・・・・
子猫ちゃん2

今は、この写真の2匹が残っています
夕方、餌やりのおばちゃんに餌は頂いているようで
兄弟仲良くじゃれあって遊んでいて元気そうです
子猫ちゃん3

大人がアタフタしている間に
近くの中学生がこの子達の里親を捜すべく
ポスターを作ると写真を撮って行ったそうです
頼もしい中学生・・・・

まだまだ若者も捨てたもんじゃないですね・・・・



ちなみに我が家はこの黒犬がいる限り
飼ってやることは無理そうです
猫を見るとすぐにぎゃるるる~~と攻撃態勢に入ります
だらける犬




今回の仔猫ちゃんの件があってから
いつでも里親募集中の、猫ちゃんのページも見るようになった
猫ちゃんはワンコよりも沢山捨てられているような感じですね

沢山の仔猫ちゃん達が毎日毎日捨てられ
運と縁のあった仔猫ちゃんは何とかこうして
里親を捜してもらえる

でも、日の光を見ることもなく
お母さんのおっぱいを飲むこともなく
悲しい経過をたどる子も
沢山いるのでしょうね

京都市には「京都市まちねこ活動支援事業」
と言う、のら猫ちゃんの避妊手術にお金を出してくれるという
制度があることを、今回教えて下さった方がいらっしゃいました
早速内容を調べてみましたが、素人にはとても使える制度ではありません
絵に描いた餅と言う感じですね
実際使われた件数もとても少ないものでした

結局殆どが個人で保護され、個人の善意で避妊手術を施され
里親を捜されているというのが現実のようです
頭が下がります

そして、あの頼もしい中学生が現れて
ただの傍観者の大人になってしまっていた
自分がとても悲しかった・・・・・






ラブラドールランキングに参加しています
ポチッと一押し元気百倍
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: 思う事
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。